ロードサイドの土地の事業用定期借地契約

【ご相談者】

愛知県西部地区の県道沿いの約560m3の雑種地のオーナーさま。

土地を長く放置していましたが、固定資産税が負担になり始めていました。

平成2年頃、Aさんに土地を貸して欲しいという申し出がありました。 周辺地をまとめてパチンコ店を出店するという話でした。

計画では、県道に面している部分の約3分の1がAさんの土地で、しかも中央に位置していました。出店には、どうしてもAさんの土地が必要でした。

借主がパチンコ店であることから、Aさんは当事務所にご相談にみえました。

当事務所は借主であるパチンコ店の信用力などを調査しました。
その調査結果から、Aさんは条件が満足でき、しかも将来必ず返還されるなら貸していいということになり、当事務所に、契約交渉と契約後の賃貸管理をご依頼されました。

当事務所が代理人となり、多額の保証金、好条件の賃料、3年ごとの賃料改定方式、契約期間を10年間と取り決めるなど、Aさんにとって大変有利な契約内容で合意させ、公正証書で契約を成立させました。
その後、期間満了となり再契約を行いました。しばらくして、不景気の影響でパチンコ店の客足が減りましたが、中途解約ができない契約としていましたので、再契約後も10年間賃貸することができました。

このように一度、背後地や隣地と一体利用して街道サービスとして出店されると、パチンコ店が撤退した後も出店希望者が出てきます。 車のデイーラー、薬局、コンビニなどの話がありました。

不動産業者などが持ち込むこれらの案件を検討・交渉して、現在は前より賃貸条件は下がりましたが、当事務所が代理して、コンビニと15年間契約で駐車場賃貸借契約を締結しました。

当事務所の経験では、弁護士がオーナー様の代理として交渉することで、賃貸条件をオーナー様ご本人が交渉するよりも、有利な条件に持っていくことができます。

不動産業者は千差万別で、現実問題として海千山千の商売上手がそれなりにいます。
相手はプロですので、素人が相手をすることは危険です。何回も話すうちに、次第に不動産業者のペースに持って行かれます。

私たちにお任せいただければ、有利な条件を引き出すだけでなく、必ず将来に土地が返還されるなど契約内容とその実効性が確保できます。

その後も、何か問題が生じそうなとき、生じたときは、すぐに私共にご相談いただければ、オーナー様の事業内容、不動産の所在、資産状況、利害関係などを把握していますので、迅速な対応、対処が可能です。

ホームボタン

電話ボタン

メールボタン

メニューボタン