賃貸借契約

とりわけ建物を貸す場合、通常借主にとってはその建物は生活の拠点になるため、借主の社会生活に大きく影響することになります。そのため、不動産をめぐっては様々なルールが法律によって整備されています。弁護士に相談して、トラブルの可能性を検討し、回避しましょう!

建物賃貸借契約の種類

建物の賃貸借の場合、一旦貸してしまうとなかなか返してもらえない危険性もあります。
オーナー様が所有されている建物を賃貸するにあたっては、どのような契約が選択できるのか、またそれぞれの契約のメリット・デメリットなどを確認しましょう。

建物賃貸借契約の種類

建物の貸主のための賃貸借契約書のチェックポイント

どのような契約をすれば、オーナー様が想定した通りに建物を明け渡してもらえるのでしょうか。
不動産賃貸契約で失敗しないポイントをご紹介します。

建物の貸主のための賃貸借契約書のチェックポイント

土地の賃貸における定期借地契約の中途解約

契約の時点では想定していなかったような様々な事情の変更が生じる可能性は、どのオーナーあ様もお持ちです。それでは、これらの事態に備えて、契約において、いつでも中途解約できる旨の定めをすることは可能なのでしょうか。

土地の賃貸における定期借地契約の中途解約

ホームボタン

電話ボタン

メールボタン

メニューボタン