名古屋市の不動産弁護士の家賃滞納,建物明渡,相続のご相談|愛知県岡崎市

弁護士・税理士・司法書士による 名古屋不動産トラブル相談 不動産オーナー、不動産会社さまのお悩みを弁護士が解決します! 名古屋総合リーガルグループ

名古屋・丸の内本部事務所

地下鉄 鶴舞線・桜通線
丸の内駅4番出口徒歩2分

金山駅前事務所

金山駅
南口 正面すぐ

本山駅前事務所

本山駅
3番出口すぐ

岡崎事務所

JR岡崎駅
徒歩8分

不動産売買契約

不動産は重要な財産であるため、契約書を作成するのが一般であり、一般取引上は売買契約書を作成した時が契約締結の時となることが多いといえます。

不動産取引の流れ

不動産を売りたい、または買いたいと考えたとき、現在では、不動産会社に依頼をして取引をすることがほとんどだと思います。そこで、不動産会社に依頼をした場合の不動産取引の大まかな流れを確認しましょう。

不動産取引の流れ

重要事項説明のチェックポイント

不動産会社に仲介を依頼した場合、仲介をする宅地建物取引業者は、売買契約成立までの間に、売主と買主に対して、契約上重要な事項を説明する義務があります。

重要事項説明のチェックポイント

売買契約書のチェックポイント

売買契約書で押さえるべき10のポイントをまとめました。

売買契約書のチェックポイント

ホームボタン

電話ボタン

メールボタン

メニューボタン