不動産売買取引の流れ

不動産を売りたい、または買いたいと考えたとき、現在では、不動産会社に依頼をして取引をすることがほとんどだと思います。

そこで、不動産会社に依頼をした場合の不動産取引の大まかな流れを確認しましょう。

1 不動産を売る場合

①不動産会社に売却について相談

     ↓(不動産会社による物件の調査・価格の査定)

②不動産会社との媒介契約を締結

     ↓(不動産会社が物件を指定流通機構に登録、買主を探す)

③不動産会社から重要事項の説明を受ける

     ↓

④買主との売買契約の締結

     ↓

⑤売買代金の決済・物件の引き渡し

2 不動産を買う場合

①不動産会社に購入の相談

     ↓

②不動産会社から物件の紹介を受け、対象を絞る

     ↓

③対象物件を実際に見る

     ↓

④対象物件の価格と自分の資力を考慮した資金計画を立てる

     ↓

⑤不動産会社から重要事項の説明を受ける

     ↓

⑥売主との売買契約の締結

     ↓

⑦売買代金の決済・物件の引き渡し

不動産売買契約についてさらに!

ホームボタン

電話ボタン

メールボタン

メニューボタン