抵当権抹消を怠るとどうなるか?

お金を返して債務がなくなってしまえば、設定した抵当権の効力はなくなります。設定された抵当権を実行されることはありえません。ただ、完済しても抵当権抹消登記をしなければ、登記簿上から抵当権が消えることはありません。

抵当権の登記を抹消しないとどうなるのでしょう?

完済した抵当権の抹消登記をしないからといって不利益がおこる可能性は低いと考えられます。しかし、不動産を売却したいとか、新たにローンを組みたいといったときには、通常抵当権を抹消することが求められます。例えば、引っ越して不動産を売却する場合。この時に抵当権が残ったままになっていると、買おうとしている人が「まだ借金が残っている」と判断し、買うのをためらうでしょうし、売買契約の決済の時までには抹消しなければなりません。これは、不動産を担保に入れてお金を借りようと思っている際の金融機関について同じことが言えます。

このように必要に迫られて抵当権を抹消してもスムーズに抹消できれば構わないのですが、あまりに長い年月が経過してしまうと、不動産の所有者に相続が発生し抵当権の設定や債務の返済の経緯が不明になったり、抵当権者である金融機関など法人が合併したり、あるいは、抵当権者が個人の場合には抵当権者の所在が把握できなくなったり、抵当権者に相続が発生してしまい権利関係が複雑になってしまうおそれがあります。
時には、抵当権の抹消がきわめて困難な場合があります。

このような不利益を防ぐために、抵当権抹消登記は早めにしておいたほうがいいです。

ホームボタン

電話ボタン

メールボタン

メニューボタン