名古屋市の不動産弁護士の家賃滞納,建物明渡,相続のご相談|愛知県岡崎市

弁護士・税理士・司法書士による 名古屋不動産トラブル相談 不動産オーナー、不動産会社さまのお悩みを弁護士が解決します! 名古屋総合リーガルグループ

名古屋・丸の内本部事務所

地下鉄 鶴舞線・桜通線
丸の内駅4番出口徒歩2分

金山駅前事務所

金山駅
南口 正面すぐ

本山駅前事務所

本山駅
3番出口すぐ

岡崎事務所

JR岡崎駅
徒歩8分

保証人に関連する改正点1

保証人について、賃貸借契約に関連する改正点

・付従性に関する改正→保証人の責任は、主債務より重くならないことを明文化
・極度額に関する定め→極度額の定めのない保証契約は無効
・元本の確定→賃借人または保証人の死亡で元本が確定
・情報提供義務

付従性に関する改正

契約後の賃料増加→保証人の責任は重くならない

民法448条
1 保証人の負担が債務の目的又は態様において主たる債務より重い時は、これを主たる債務の限度に減縮する。
追加
→2 主たる債務の目的又は態様が保証債務の締結後に加重されたときであっても、保証人の負担は加重されない。

保証人の責任は、あくまで主たる債務(賃借人の債務)を前提としたものになります。ですから、主債務が無効となって消滅すれば、保証債務も消滅しますし、保証債務が主たる債務より重くなることはありません。これを保証債務の付従性といいます。
今回の改正では、さらに、主債務の目的又は態様が、保証債務の締結後に加重されても、保証人の責任は重くならないことを明文化しました。

証契約締結時の賃料→保証契約締結後の賃料
20万円   →   25万円

保証人の責任は20万円のまま

賃貸人が破産したとき

先ほど、保証債務には、付従性があるので、主たる債務が消滅すれば、保証債務も消滅すると書きました。
しかし、賃借人が破産したときなどは、賃借人の主債務が免責されたとしても、保証人の責任は消滅しません。

ホームボタン

電話ボタン

メールボタン

メニューボタン