建物賃貸借契約の種類

賃貸借と使用貸借

建物の貸し借りは、法的には大きく2つに分類されます。

賃貸借契約(民法第601条)

この契約は、建物の使用及び収益をさせることによって、代わりに賃料を受け取ることとするというものです。
一人暮らしをする際にアパートを借りたり、何か事業を行う際に事務所を借りたりする場合などが典型例であり、広く一般的に活用されている契約形態と言えます。

使用貸借契約(同法第593条)

この契約は、無償で建物の使用及び収益をすることを認め、その後返還を受けることとするというものです。
賃貸借契約との最大の相違は、貸主が賃料を受け取るか否かという点にあります。親が所有している不動産に子どもを住まわせてやる場合など、親族間に成立することの多い取引で、契約書等の書面も揃っていないことが多いと思われます。

賃貸借契約の種類

一般の取引社会では圧倒的に賃貸借契約が多いかと思いますので、ここでは、賃貸借契約にスポットを当て、さらに細かく分類してみたいと思います。
賃貸借契約には、大きく分けて普通建物賃貸借契約と定期建物賃貸借契約があり、後者は、一定の要件の下で更新しない特約をした契約と分類することができます。
さらに、定期建物賃貸借契約の中には、期限付建物賃貸借契約や一時使用目的の賃貸借契約等がありますが、これらの説明については、後日の記事に委ねたいと思います。

普通建物賃貸借契約と定期建物賃貸借契約との違い

(1)期間

普通建物賃貸借契約
1年以上。1年未満の場合には期間の定めのない契約とみなされる(借地借家法第29条1項)
定期建物賃貸借契約
制限なし(1年未満の期間合意も可能、同法第38条1項後段)

(2)賃料の増減額

普通建物賃貸借契約
賃料増減額請求権が認められ、減額しない特約は無効(同法第32条1項)
定期建物賃貸借契約
賃料増減をしない旨の特約も可能(同法第38条7項)

(3)契約の締結

普通建物賃貸借契約
口頭による契約の締結も有効(民法第601条)
定期建物賃貸借契約
「公正証書による等書面によって契約をするときに限り」認められる(借地借家法第38条1項前段)。また、賃貸人は、賃借人に対し、事前に「契約の更新がなく、期間の満了により建物の賃貸借が終了する」旨を記載した書面を交付して説明しなければならない(同条2)。この書面による説明を怠った場合、更新のある普通建物賃貸借契約となる(同条3項)。

(4)期間満了時の更新

普通建物賃貸借契約
解約申入れがなされ、これに正当事由がない限り、更新されます(同法第28条)
定期建物賃貸借契約
期間満了により、当然に終了する。もっとも、1年以上の期間を定めた場合には、賃貸人は、期間満了の1年前から6か月前までの間に、賃借人に対し、期間満了により契約が終了する旨の通知をしなければ、その終了を賃借人に対抗することができない(同法第38条4項本文)。

※かかる通知を忘れてしまい、後日通知をした場合には、その後6か月の経過をもって、賃貸人は賃借人に対し、契約の終了を対抗することができることとなります(東京地判平成21年3月19日参照)。

(5)中途解約

普通建物賃貸借契約
中途解約についての定めがあればそれに従うが、かかる定めがない
場合には、原則として、賃貸人からも賃借人からも中途解約は認められない。
定期建物賃貸借契約
賃貸人からの一方的な中途解約はできない(合意解除は可能)。

賃借人からの中途解約については、居住の用に供する建物の賃貸借(床面積(建物の一部分を賃貸借の目的とする場合にあっては、当該一部分の床面積)が二百平方メートル未満の建物に係るものに限る。)において、転勤、療養、親族の介護その他のやむを得ない事情により、建物の賃借人が建物を自己の生活の本拠として使用することが困難となったときは、建物の賃借人は、建物の賃貸借の解約の申入れをすることができる。また、この場合においては、建物の賃貸借は、解約の申入れの日から一月を経過することによって終了する(同法第38条5項)。

受付時間 平日・土日祝6:00~22:00 夜間相談【毎週火・水曜日】17:00~21:00(最終受付20:00) 土曜相談【毎週土曜日】9:30~17:00(最終受付16:00)|ご相談予約専用フリーダイヤル0120-758-352|相談票はこちら 相談票はこちら 専門チームの紹介

事務所概要

弁護士法人名古屋総合法律事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号
丸の内STビル6階

相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00
予約受付時間
平日・土日祝 6:00~22:00

ご相談予約専用フリーダイヤル0120-758-352|TEL.052-231-2601|FAX.052-231-2602 アクセスはこちら

事務所外観

事務所外観

対応マップ

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、不動産問題の取扱案件の対応エリアを、下記の地域に限らせて頂きます。
【取り扱いエリア】
愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市,瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),稲沢市)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

 

名古屋総合法律事務所のご紹介

Copyright © 弁護士法人 名古屋総合法律事務所 All right reserved.
運営管理:弁護士法人 名古屋総合法律事務所 弁護士 浅野了一 所属:愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352

■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町)