名古屋市の不動産弁護士の家賃滞納,建物明渡,相続のご相談|愛知県岡崎市

弁護士・税理士・司法書士による 名古屋不動産トラブル相談 不動産オーナー、不動産会社さまのお悩みを弁護士が解決します! 名古屋総合リーガルグループ

名古屋・丸の内本部事務所

地下鉄 鶴舞線・桜通線
丸の内駅4番出口徒歩2分

金山駅前事務所

金山駅
南口 正面すぐ

本山駅前事務所

本山駅
3番出口すぐ

岡崎事務所

JR岡崎駅
徒歩8分

手付

手付に関する民法改正

これまでの問題点

改正前民法第557条第1項

買主が売主に手付を交付したときは、当事者の一方が契約の履行に着手するまでは、買主はその手付を放棄し、売主はその倍額を償還して、契約の解除をすることができる。

問題点1

→「当事者の一方が契約の履行に着手するまで」

当事者の一方が契約の履行に着手するまでは手付解約できると定められていましたが、当事者というのが、解約しようとする者を含むのか、解約の相手方のみをさすのかが文言からは不明確でした。

問題点2

→「倍額を償還して」

どの程度の提供が必要なのか不明確

上記問題点についての判例

「当事者の一方が契約の履行に着手するまで」

→解約しようとするものが履行に着手していたとしても履行に着手していない当事者にして契約の解除をすることができる(最判昭和40年11月24日)

「倍額を償還して」

→現実の償還までは要しないが、倍額を現実に提供する必要がある(最判平成6年3月22日)

改正法

改正法では、上記判例の解釈を明文化しました

なお、これまで、「履行の着手」の存否について、手付解除の有効性を争う相手方が、履行の着手があったことについて立証責任を負うと解されていました。この点についても、但し書きという形で記載することで、手付解約の有効性を争う側が既に履行に着手していることを立証する責任があることを明らかにしています。

改正民法第557条第1項

買主が売主に手付を交付したときは、買主はその手付を放棄し、売主はその倍額を現実に提供して、契約の解除をすることができる。ただし、その相手方が契約の履行に着手した後は、この限りでない。

宅建業法上の手付に関する制限

宅建業者が売主となる宅地建物の売買契約の場合、手付けの額について制限があり、不動産の代金額の10分の2を超えることができません(宅建業法第39条)。

ホームボタン

電話ボタン

メールボタン

メニューボタン